お金稼ぎ総合サイト
貧乏父さんの逆襲
  
FXでの取引方法
FXで取引する場所

FXでは、FXを扱っている証券会社や、専業のFX会社を通して取引を行ないます。
取引は一般的にインターネット上で行なわれます。
株式投資と同様に、FX会社に口座を開設して取引します。

FXでの取引単位

FXでは一般的に1万通貨単位で取引を行ないます。
1万通貨とは、ドルを円で買おうとした場合、1万ドル単位ということです。
1ドル=100円の場合、100万円の資金が必要になります。

ここで、レバレッジが重要な役割を果たします。
レバレッジが100倍の場合、100万円必要なところを1万円だけですみます。
そして、1ドル=101円になると、1万円の利益になります。
利益率は100%です。

FX会社によっては、取引単位が1000通貨や100通貨のところもあります。

スプレッド

FXでは、価格が2つ表示されます。
買うときの価格と、売るときの価格です。
その価格差をスプレッドと呼びます。

スプレッドは、買うときの価格より売るときの価格の方が安いように設定されています。
つまり、通貨を買った段階で、スプレッド分のマイナスになります。

このスプレッドはFX会社によって異なります。
当然のことながら、スプレッドが小さい方が有利になります。

next:FXに関わる税金

本サイトで取り扱っているすべてのものの使用または利用により発生したトラブル・損害には一切責任を負いません。
各サイトの内容や利用規約をよく確認し、自己責任での利用または使用をお願いします。