FX Online Japanとは
株式投資の仕組み
株式とは?

株式とは、簡単に言うと「株式会社の所有権」です。会社を起業するときに、他の人から出資を募るとします。その会社に出資したことの証明書が株式になります。株式を保有している人は「株主」と呼ばれます。株主は、配当金を受け取ったり、株主優待を受けたりすることができます。さらに、会社の経営方針に対して意見を言うこともできます。

株式の売買

株式を売買するための場所というのがあります。日本では東京証券取引所や大阪証券取引所などがあります。ほとんどの株式がそういった証券取引所で売買されます。個人が株式を売買しようと思ったとき、証券取引所での売買を仲介してくれる「証券会社」が必要になります。株式投資は、証券会社を介して行なわれます。証券会社に口座を開設し、そこに投資資金を入金して、売買を頼むという形になります。現在はインターネットの普及により、自宅のパソコンや携帯から売買ができます。そのため、比較的気軽に株式投資ができるようになっています。

利益の仕組み

株式投資での利益には、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類があります。キャピタルゲインは、株価の変動による利益のことを言います。インカムゲインは、株式を保有することで発生する利益で、配当金のことを指します。この2種類の利益を組み合わせて、株式投資で利益を得ることができます。

キャピタルゲインは、株価の変動による利益です。1株100円で取得した株式を1株120円で売却した場合、1株につき20円の利益になります。1万株を取引していた場合、20万円の利益が出る計算になります。

インカムゲインは配当金です。株主に対して支払われる会社の利益の一部が配当金になります。1株につき1000円というような形で支払われます。このとき、100株保有していれば、10万円の配当金が支払われることになります。配当金は支払われる会社と、支払われない会社があります。

Copyright 2005 貧乏父さんの逆襲 All Rights Reserved.
本サイトで取り扱っているすべてのものの使用または利用により発生したトラブル・損害には一切責任を負いません。
各サイトの内容や利用規約をよく確認し、自己責任での利用または使用をお願いします。