お金稼ぎ総合サイト
貧乏父さんの逆襲
  
株式投資の取引方法
取引方法の分類

株式投資の取引方法は、主に投資期間によって分類されています。
長期投資中期投資短期投資という形です。
それぞれに明確な境目はなく、概念的なものです。

その他に、どういう利益を求めるかによっても分類できます。
利益の種類による分類は、インカムゲインキャピタルゲインが基準になります。
主に、インカムゲインは長期投資に分類されます。

ここでは、投資期間による分類に従って説明します。

長期投資

長期投資では、投資期間が数年〜数十年になります。
長期的に見て成長が見込める企業の株式を保有します。
また、インカムゲイン目的で保有する投資もここに分類されます。

長期投資では、ファンダメンタルズ分析が必要になります。
これは、企業の業績などの情報を分析するものです。
そういう分析によって、業績が上がっていくと予想される企業に投資します。

長期投資のうちインカムゲイン目的の投資は、金持ち父さんが推奨する投資です。

中期投資

中期投資では、投資期間が数ヶ月〜数年になります。
中期的に見て、株価の上昇が見込める企業に投資します。
企業の成長ではなく、景気の回復が判断基準になることもあります。

中期投資では、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析が必要になります。
投資価値のある企業であるか、株価が上昇するかという視点から判断します。

短期投資

短期投資では、投資期間が数分〜数ヶ月になります。
保有期間が1日の取引は、デイトレードと呼ばれています。
また、数日程度の取引は、スイングトレードと呼ばれています。

短期投資では、テクニカル分析が必要になります。
チャートを分析することによって、株価の上昇が見込める企業の株式を取得します。
この取引方法では、経済の情勢も必要な情報になります。

デイトレードなどの取引方法は、投機と呼ばれることもあります。

next:株式投資における利益の種類

枠外エリア
本サイトで取り扱っているすべてのものの使用または利用により発生したトラブル・損害には一切責任を負いません。
各サイトの内容や利用規約をよく確認し、自己責任での利用または使用をお願いします。