【心理系YouTuber】行動分析学系のYouTuber近藤鮎子先生!動画の内容などんな感じ?

心理系YouTuber(ご本人はそう名乗っていないと思いますが)の近藤鮎子先生の動画を見ました。近藤先生は応用行動分析学が専門で、行動分析学に基づいた考え方を紹介するチャンネルを運営されています。

知らないだけで、探せば心理系YouTuberはたくさんいるのだろうなと思いつつ、近藤先生に動画について書いていきたいと思います。

行動分析学は心理職の中でもマイナーで、あまり知られていないような印象を受けています。とても役立つものなのにもったいないなと思いながら、その良さを伝えようと努力していますが、うまく伝えられていないなと感じています。

そんな中、近藤先生の動画を見て、とてもわかりやすく、しかも行動分析学に基づいていることもわかり、感動しました。次の動画がアップされるのが楽しみになったので、応援の意味も込めて紹介したいと思います。

それぞれの動画を記事内に貼っておきますが、そこそこの長さがあるので、時間がある時にゆっくり見ることをオススメします。

【心理学】人の心が知りたいか?【問題解決に向かうアプローチ】

最初に投稿されたのが「【心理学】人の心が知りたいか?【問題解決に向かうアプローチ】」という動画です。まずは最初からということで、この動画から見てみることにしました。

【心理学】人の心が知りたいか?【問題解決に向かうアプローチ】

このタイトルからわかるように、「心を知る」ということがテーマになっている動画です。正直、「行動分析学なのに「心」なの?」と思いました。しかも、かなり一般的な感じの導入だったので、どう展開するのか心配してしまうくらいでした。

でも、ご安心ください。きちんと行動分析学です。

途中からポップな心理学という印象から離れ、行動にターゲットを当てていきます。しかも、その流れがとてもスムーズで、「そうだよな」と思えるような展開になっています。これはもしかしたら、僕が行動クラスタを自認しているということも関係しているのかもしれませんが。

さらに、行動分析学の考え方を、ほとんど専門用語を使わずに解説されています。循環論の説明もわかりやすいので、なぜ行動分析学が仮説構成概念を使わないようにしているのかがよくわかると思います。

天気予報のメタファーは、今度使おうと思いました。

【教育】ことばって何だ【コミュニケーションの本質とは】

2本目の動画は、「【教育】ことばって何だ【コミュニケーションの本質とは】」です。タイトルから想像したのは言語行動で、ずいぶん高度な話をするなと思ったら、違う話でした(笑)

【教育】ことばって何だ【コミュニケーションの本質とは】

言葉は話し言葉だけではないこと、手段であること、目的が重要であることなどが解説されています。コミュニケーションをするモチベーションについても触れられていて、とても勉強になりました。

行動分析学的な内容はあまり出てきていないような気はしますが、ベースに行動分析学があることがはっきりわかります。「言葉を教えるときは、マンドからか」と思いながら見ていました。

マンドというのはB.F.スキナーの造語で、要求する機能を持った言語行動のことです。

【心理学】好きにさせる方法【行動の原理とアプローチ】

3本目の動画は、「【心理学】好きにさせる方法【行動の原理とアプローチ】です。動画の中では、「”好き”って何だ?~貴方がソレを好きになったワケ~」となっています。

【心理学】好きにさせる方法【行動の原理とアプローチ】

かなりポップな方向に振ってきたなという印象のテーマですね。テーマ的には競合多数だと思いますが、バズりやすいテーマでもあると思います。

この動画では、レスポンデント条件づけの説明がしっかりと、しかもわかりやすくされています。行動分析学系の動画っぽさが出ています。レスポンデント条件づけの部分は飛ばしてもいいと言っているところも好感が持てますね。

好きではないことをやり続けてもらいたいとき、オペラント条件づけの原理で考えていましたが、この動画を見て、レスポンデント条件づけの原理も考慮に入れるとやりやすくなりそうなことに気づきました。近藤先生ありがとうございます!

最後に

行動分析学は一般的な理解とは異なった理解の仕方をするので、わかりやすく説明するのが難しいなと感じています。近藤先生は、わかりやすく、しかも行動分析学から外れずに説明されています。その説明のスキルが羨ましいです。

近藤先生のチャンネルは2019年1月5日時点で、動画が3本アップされています。どれも素晴らしいのですべて見ることをオススメします。合わせて、チャンネル登録もしておきましょう!

近藤鮎子先生のチャンネルはこちら!