心理系YouTuber岡村優希先生(京都CBTセンター)紹介

「心のケア」の必要性は言われていますが、実際にはカウンセリングなどの「心のケア」は敷居が高い感じがありますよね。

カウンセリングの敷居を下げることは、公認心理師法の「国民の心の健康の保持増進に寄与すること」という目標を達成するためにも重要だと思います。

それと同時に、公認心理師や臨床心理士などの収入事情を改善するためにも重要です。

京都CBTセンターの岡村優希先生は、カウンセリングの敷居を下げることを目標として、心理系YouTuberという手段を使っています。

今回は、心理系YouTuberの岡村優希先生について紹介します。

岡村優希先生について

岡村優希先生は認知行動療法を専門としています。認定行動療法士臨床心理士の資格を持っているようです。確か公認心理師試験にも合格していたと思います。

所属は京都CBTセンターで、日本CBTスキルアップ研究会の代表もされています。

そんな岡村先生ですが、なんと言ってもその行動力がすごいんです。

心理系YouTuberもTwitterでの企画から始まり、何本かの動画をアップしています。noteを始めたり、療法に囚われない研修会を企画していたりもします。

岡村優希先生の2つの目標

岡村先生には2つの目標があるようです。

  • カウンセリングの敷居を下げる
  • 療法による垣根を超えた関わりを作る

この2つの目標は実現してほしいと思っているので、岡村先生の活動に注目しています。

カウンセリングの敷居を下げる

個人的にカウンセリングが必要だなと思う人がいても、その人はカウンセリングを受けたくないと思っていることがあります。

いろいろな要因があるとは思いますが、その1つとして敷居の高さがあるような気がしています。

やっぱりカウンセラーに相談するというのは、気軽にとはいきませんよね。

カウンセリングを勧める人でも、自分がカウンセリングを受ける必要があると言われたときに抵抗するなんてこともありますし。

もっとカウンセリングが一般的になったらなと思いつつ、敷居の高さだったり、金銭的な問題だったりで、なかなか難しいなと思っています。

そういう中で、岡村先生はカウンセリングの敷居を下げるために、行動を始めています。

療法による垣根を超えた関わりを作る

カウンセリングや心理療法はいくつもの方法が存在しています。心理職には当たり前の事実ですが、意外と心理職以外の人たちには知られていない事実かもしれません。

療法・学派という枠組みがあると、内側での交流が活発に行われていても、外側との交流は不十分になったりしますよね。

認知行動療法系の人と精神分析系の人が普段から心理療法・カウンセリングについて議論をしているというのはあまりないような印象があります。

療法による垣根を超えた関わりを作ることができれば、学問的にも有意義な議論ができるんじゃない中と思っています。

岡村先生は、そのために「オリエンテーション(療法)、団体に囚われない心理臨床研修会&事例検討会-知恵の輪(仮)」を企画しています。2019年8月を予定しているそうです。

オリエンテーション(療法)、団体に囚われない心理臨床研修会&事例検討会
心理臨床の世界にはいくつもの理論や療法があります。オリエンテーションと呼ばれたりしますね。事例検討などをするとその違いがわかりやすく出ることもあります。そのせいで対立することもあるかもしれません。僕はオリエンテーションが違ったとしても、同じ

心理系YouTuber岡村優希先生

心理系YouTuber岡村優希先生が誕生したのは、Twitterでの企画からでした。

Twitterのフォロワー数が1000人を超えたら心理系YouTuberになるという宣言をしたのが2018年12月11日です。

僕はこの宣言を見て、すぐに岡村先生をフォローしました。

フォロワー数が1000人を超えたのは2018年12月17日です。

2018年内に1本目の動画をアップすると宣言し、それも実現していました。諸事情でテスト動画を非公開にするというアクシデントもあったようですが。

おかゆチャンネル

おかゆチャンネル
臨床心理士の岡村が、心の困りごととその解決方法などをお伝えします。

岡村優希先生の認知行動療法動画

おかゆチャンネルを開設した岡村先生は、認知行動療法に関して動画を使って紹介しています。

生放送で研修会を行ったこともあります。

おかゆチャンネルにある「認知行動療法を学ぶ」という動画を取り上げてみます。

認知行動療法を学ぶ@おかゆチャンネル

まずは、動画を見てみることにしましょう。

認知行動療法を学ぶ

動画自体は13分9秒と、お手軽に見られる長さになっています。岡村先生が声だけの出演なのが残念なところですが、スライドが重要な動画なので仕方ないと諦めることにしましょう。

「認知行動療法を学ぶ」は、さまざまな心の困りごとから始まり、認知行動療法(CBT)における認知と行動、具体例、認知行動療法の特徴、CBT面接の流れ、CBT以外でおさえておくこと 、という流れになっています。

さまざまな心の困りごと

ここの部分は、CBTに限らず、すべての心理療法の説明でも使えるような、「ザ・導入」みたいな感じですね。最後に、CBTの見方を説明するというところが、他の療法の説明との違いになっています。

心の困りごとは、いろいろな説明の仕方があり、それに対していろいろな対処法があります。CBTが絶対的に正しいということではなく、「CBTではこんな感じで見ていきますよ、対処していきますよ」というスタンスが伝わってきます。

CBTにおける認知と行動、具体例

CBTにおいて重要なものは認知と行動です。これは洗足ストレスコーピング・サポートオフィスの伊藤絵美先生が言っていたことですが、CBTの基本モデルにおける「認知」、「行動」、「感情」、「身体」のうち、変えることができるのが認知と行動だからということです。

行動分析学の立場からだと、認知もほとんど変えることができないと見るので、同じCBTの枠の中でも、認知療法系CBTと行動療法系CBTでは違いが見られたりもします。

動画には、「友人が約束の時間に待ち合わせ場所にこない」という例をあげて、それに対してどんな認知が出てくるのか、どんな行動をするのか、ということを見ている人が想像するという、ちょっとしたエクササイズが入っています。

岡村先生が架空の例を使って説明しているので、どのような説明がなされているか興味がある人は、ぜひ動画をご覧ください。

認知行動療法の特徴、CBT面接の流れ

岡村先生は、認知行動療法の特徴として7つ挙げています。その中で、僕が特にCBTっぽいなと感じているのは、主に認知や行動の側面からのアプローチ、セッションの構造化、心理教育の重視です。

セッションの構造化は、CBT面接の流れにも関係していて、1回のセッションをどのように進めていくかということを決めて進めていくということを意味しています。

セッションの進め方も含めて丁寧に説明されているので、CBTを知らない人にとっては新しい発見になるかもしません。

CBT以外でおさえておくこと

岡村先生がCBT以外でおさえておくこと(心がけていること)は、主に7つだそうです。他にもあるようなので、気になる人は質問してみるといいかもしれません。

その7つのことは、かなり納得できることです。確かにCBT以外でも重要なところだろうなと思います。

1つだけ気になるところがあって、それは「会話の比率は5:5程度」というところです。これについて、岡村先生は次のように説明されています。

会話の比率はなるべくカウンセラーがしゃべりすぎず、かつ聞きすぎず、5:5くらいがいいのかな。

この5:5は伊藤絵美先生もどこかで言っていたような気がしますが、そのくらいがCBTでは効果的なのか、それとも効果的なCBTだと結果的にそのくらいの比率になるのか、というところが気になります。

僕もこの5:5という比率は感覚的にそのくらいかなと思っていますが、クライエントからきちんと話を聞き、カウンセラーからきちんと説明し、お互いに話し合うということをした結果、5:5くらいになるという印象を持っています。

これについて、岡村先生のご意見を伺いたいところです。

ターゲットはCBTを知らない心理職とCBT初学者?

岡村先生の動画を見た感じ、ターゲットとなっているのは、CBTを詳しく知らない心理職とCBT初学者かなという印象を受けました。「CBTってざっくりこんな感じだよ」というのをカウンセラー視点で説明しているように感じたからです。

この辺は僕の受け取り方が変という可能性もありますが。。。

動画を見てもっと知りたいと思ったところや、よくわからなかったところがあったらコメントしてほしいとのことなので、疑問点などを解消しながら動画でCBTを学べるコンテンツになっていくと思います。

心理カウンセラーインタビューを自費出版!?

岡村先生の活動はそれだけではなく、自費出版も計画されています。

心理カウンセラーにインタビューをしているらしく、Twitterのフォロワーが3000人を超えたら、インタビューのまとめを自費出版するそうです。

2019年3月17日17時時点でフォロワーは2780人。フォロワー3000人超えが見えてきていますね。

興味がある人もない人も、岡村先生のTwitterをフォローしましょう!

最後に

公認心理師や臨床心理士などのカウンセラーに興味がある人にとって、カウンセリングの敷居が下がることはすごく大事なことだと思います。

カウンセリングの敷居が下がればそれだけカウンセリングが一般的なものになって、収入面でも安定する可能性があるからです。

心理職は「良くて非常勤の掛け持ち」と言われることもあるくらい、収入的には大変だったりします。

僕は運よくそこそこの収入を得られていますが、このままでいいとは思っていません。非常勤の掛け持ちなので、契約更新ができなかったときに路頭に迷うかもしれないですから。

公認心理師法の「国民の心の健康の保持増進に寄与すること」という目的を実現するためにも、カウンセリングの敷居を下げていく必要があると思います。

それと同時に、心理職の内輪の話にもなりますが、療法間の対話がもっと活発に行われるといいなと思っています。そうなると、学問的にも面白くなりそうですし。

これからの岡村優希先生の活躍に期待ですね!