つづれ織り

第1回公認心理師国家試験の合格発表から1週間

第1回公認心理師国家試験の合格発表から1週間経ちました。あのドキドキした合格発表から1週間。長かったのか短かったのかわかりませんが、公認心理師になる権利を得られた人と得られなかった人がはっきりして1週間です。 第1回公認心理師国家試...
つづれ織り

第1回公認心理師試験振り返り-四天王編

公認心理師試験で四天王と呼ばれた4問があります。意見が分かれた問題のようで、試験後に目にしてから気になっていました。 第1回公認心理師国家試験の問65、問63、問138、問152が四天王です。 これはROSSOさんのツイートが...
つづれ織り

第1回公認心理師試験振り返り-点数編

第1回公認心理師国家試験の合格発表が終わり、やっと試験問題と向き合うことができます。まずは点数について振り返ってみました。公認心理師試験結果通知書の点数との比較です。 公認心理師試験は無事に第1回試験で合格することができました。登録...
つづれ織り

公認心理師試験に合格して

公認心理師試験に無事合格することができました。合格発表を見るときはドキドキでしたが、合格できてよかったです。登録を済ませたら、公認心理師を名乗れるようになります。 現任者講習会の実施が公表されてから合格発表まで1年以上。長かったとい...
行動分析学

行動分析学-行動の科学的理解をめざして

行動分析学はとても役立つ学問だと思っていますが、普及という意味ではまだまだだなと感じています。行動分析学の考え方は少し変わっているので、とっつきにくく、誤解されやすいのが原因の1つかもしれません。 心理学の歴史は、科学であろうとして...
心理学

空想と現実の扱いを行動分析学の視点から考えてみた

カウンセラーがどのように空想と現実を扱うかということに関する記事を見つけました。このテーマは面白そうなので、行動分析学の視点から考えてみました。 きっかけとなったのが心理オフィスKの北川清一郎先生が書かれた記事です。 空想と現...
行動分析学

深刻な行動の問題だとカウンセリングは役に立たない!?

心理職としてカウンセリングもやっている身としては、深刻な行動の問題だとカウンセリングは役に立たないという意見は気になるところです。深刻でない行動の問題ならカウンセリングが役に立つということなのだろうか?という疑問とともに。 心理学や...
つづれ織り

公認心理師になれたら臨床心理士資格をどうするか問題

世の中にはいろいろな資格があります。資格を持っているだけで安泰ということはありませんが、資格がなければスタートラインにも立てないということもあります。 臨床心理士は心理職として働くために必須とまではいきませんが、かなり有利になる資格...
行動分析学

多くの行動分析家は人々が自立していることを好むということに納得感しかない

行動分析学を学んだからなのか、もともとそういう考え方に親和性があったからなのかわかりませんが、僕も「人々が自立していることを好む」人の1人だと思います。 行動分析家は人々が自立していることを好むということに納得感しかありません。 ...
心理学

2019年の日本認知・行動療法学会と日本認知療法・認知行動療法学会と日本行動分析学会の大会日程が重なっている

認知行動療法(CBT)の学会に、日本認知・行動療法学会と日本認知療法・認知行動療法学会があります。両学会とも学会名を変更して区別するのが難しくなったと感じています。 日本認知・行動療法学会は旧日本行動療法学会です。仲間内で話すときは...
スポンサーリンク