【US?】プログラミング学習で使うキーボードの選び方【JIS?】

プログラミング学習を始めようと調べてると、キーボードの選び方についての情報に出会うと思います。

「USキーボードがいい」、「JIS(日本語)キーボードで大丈夫」など、いろんな情報があります。どちらのキーボードを選べばいいのでしょうか? どのような選び方をすればいいのでしょうか?

USキーボード、JIS(日本語)キーボードのメリットとデメリット、選び方を紹介します。

プログラミング学習ではキーボードはどちらでもいい

プログラミング学習ではキーボードはどちらでもいい

結論から言えば、プログラミング学習ではUSキーボードでも、JIS(日本語)キーボードでも、どちらでもいいと思います。

ただし、これは現段階での僕の意見なので、異なる意見もあるし、どこかで意見が変わることもあります。意見が変わったら、記事を書き替える予定です。

プログラミング学習でキーボードはどちらでもいい理由の1つは、結局のところ慣れの問題だからです。

今慣れてるキーボードがあるなら、それを使った方がやりやすいですし、キーボードを変えたとしても慣れれば平気だと思います。

もう1つの理由は、人によって好みが違うことです。

いろんな情報があるということは、USキーボードがいい人もいれば、JIS(日本語)キーボードがいい人もいるということですよね。なので、「プログラミング学習にはMacの方がいい」みたいなことは言えません。

ただ、「USキーボードはプログラマー向き」ということも言われてたりします。

ということで、USキーボードとJIS(日本語)キーボードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

USキーボードのメリット・デメリット

USキーボードのメリット・デメリット

USキーボードは英字配列のキーボードのことです。「US」と付くことからわかるように、アメリカ仕様ということですね。

まずメリットから見ていきます。

USキーボードのメリット

USキーボードのメリットはいくつかあると思います。それぞれについて説明してみます。

USキーボードは「ひらがながない」

USキーボードにはひらがなかが書かれてません。これが1つ目のメリットです。

つまり、USキーボードのメリットは、キーに書かれてる文字が少ないことです。

おそらく多くの人が「ローマ字入力」を使ってると思います。JIS(日本語)キーボードにはひらがなが書かれてますが、それは「かな入力」のときに使います。なので、ローマ字入力しか使わないなら、ひらがなは必要ないんです。

ブラインドタッチができるならあまり関係ないんですが、キーを見ながら打ってるとキーを探すときに余計な情報(ひらがな)が邪魔になります。これは、キーボードでの入力に慣れてないと大問題です。

例えば、ローマ字入力で「あ」と打とうとして、ひらがなの「あ」と書かれたキーを打ってしまう、なんてことがあります。本当なら「A」のキーを打つ必要があるのに、「あ」を打つと「3」と入力されます。

慣れてないと混乱しますよね。僕も最初はそんな混乱をしながらでした。

ひらがなが書かれてないので、見た目がスッキリしてるというのもメリットかもしれませんね。

USキーボードはホームポジションが真ん中寄り

キーボード入力では「ホームポジション」と呼ばれるものがあります。これは、最初に指を置いておく場所のことです。

左手の人差し指が「F」で中指~小指は「F」から左側の3つのキー、右手の人差し指が「J」で中指から小指は「J」から右の3つのキーというポジションです。それよりも外側のキーは小指が担当します。

ホームポジションを合わせるために、キーボードの「F」と「J」のキーには突起がついてます。そのため、キーボードを見なくてもホームポジションに合わせることができます。

このホームポジションがUSキーボードではJIS(日本語)キーボードに比べて真ん中寄りになってます。

逆に言えば、JIS(日本語)キーボードは真ん中からズレてるわけです。デスクトップだとキーボードが別なので気になりませんが、ノートパソコンだと気になるかもしれません。ディスプレイを正面から見ると、ホームポジションがほぼ真ん中なのは姿勢的に楽ですよね。

大きいサイズのノートパソコンだとテンキー(電卓みたいな数字キー)がついてたりするので、どっちにしろズレてたりもしますが。

USキーボードは1つのキーに文字・記号が2つ以内

普段使わない記号を使おうとしたとき、キーに書かれてるのに打てないなんてことありませんか?

USキーボードは1つのキーに文字・記号が2つ以内というメリットがあります。

1つのキーに文字・記号が3つ以上になると、どうやって打てばそれが出るのかわかんなかったりして、困ることがあります。USキーボードは2つ以内なのでそういう困り事がありません。

USキーボードの他のメリット

USキーボードには他にもメリットがあると言われてますが、僕はその実感がないのでまとめて紹介します。

  • 記号の配置が合理的
  • Enterキー、BackSpaceキーが近い、横長
  • Spaceキーが長い

USキーボードのデメリット

USキーボードにはデメリットもあります。

USキーボードは「かな入力」が使えない

USキーボードには「かな入力」が使えないというデメリットがあります。

日本語を入力するのであれば、「ローマ字入力」より「かな入力」の方が必要なキーが少なくなって、早く入力できます。ローマ字入力だとひらがな1文字で2文字、3文字必要だったりするので、ざっくり計算で同じ文章を打つなら、キーを打つ回数が2倍くらいになるということですね。

1つのキーを打つ時間が同じだとしたら、「かな入力」の方が約半分の時間で入力が終わることになります。

もし「かな入力」を使ってたり、これから「かな入力」にしようと思ってたりするなら、USキーボードはやめた方がいいでしょう。

USキーボードは一般的じゃない

USキーボードの最大のデメリットは、USキーボードが一般的じゃなくて、職場や学校など他のパソコンを使うときにUSキーボードではないということだと思います。

家ではUSキーボード、職場や学校ではJIS(日本語)キーボードというのはなかなか面倒だったりします。

僕はメインPCがJIS(日本語)キーボードで、ノートPCがUSキーボードという変な構成なんですが、ノートPCを使うときに「この記号はどこだ?」と時間がかかったりしてます。

なぜこんなことになってるかというと、研修とかに持ってくパソコンを買うときに軽いのを探してて、性能と重さのバランスが良かったパソコンがUSキーボードしかなかったからです。モデルチェンジでJIS(日本語)キーボードが選択できるようになったようですが。

自分のパソコン以外を使う機会が多いなら、USキーボードを選ぶときに覚悟しといた方がいいと思います。

USキーボードは日本語入力切替に2つのキーが必要

USキーボードでは日本語入力切替に2つのキーを押す必要があります。

僕が持ってるノートPCでは「Alt」+「~」で日本語-英数の入力切替ができます。調べてみたら、Windowsではそうなってるみたいですね。

JIS(日本語)キーボードだと「半角全角」キーだけなので、面倒と言えば面倒です。ただ、これは慣れの問題で、ノートPCだと 「Alt」+「~」 と指が覚えてしまって、JIS(日本語)キーボードのノートPCで同じようにしてしまったことがあります。

Enterキーの縦が短い

もしかしたら個人的なデメリットかもしれませんが、USキーボードはEnterキーの縦が短くなってます。

USキーボードを使い始めて、Enterキーを打とうとして、その下にあるShiftキーを打つということを何度も繰り返してた時期があります。これは僕の癖の問題で、USキーボードを使うようになって、Enterキーの下の方を使ってたことに気づかされました。

これも慣れの問題なので、使ってれば大丈夫だと思います。

JIS(日本語)キーボードのメリット・デメリット

JIS(日本語)キーボードのメリット・デメリット

JIS(日本語)キーボードにもメリットとデメリットがあります。ちなみにJIS規格のキーボードだからJISキーボードらしいです。

JIS(日本語)キーボードのメリット

JIS(日本語)キーボードのメリットには、いくつかのメリットがあります。その中には、USキーボードのデメリットに関係するものもあります。

JIS(日本語)キーボードは「かな入力」が使える

JIS(日本語)キーボードの最大のメリットの1つは「かな入力」が使えることです。

USキーボードのデメリットのところでも書いたように、「かな入力」をマスターすれば日本語の入力速度が上がります。その目的のために、「かな入力」に切り替える人もいるみたいですね。

「かな入力」を使いたいならJIS(日本語)キーボードを選択する必要があります。

JIS(日本語)キーボードは日本で多く使われてる

JIS(日本語)キーボードは日本で多く使われてることも、メリットの1つです。

これは職場や学校、他の人のパソコンなど、自分でキーボードを選べない場合にものすごいメリットになります。つまり、そういうところではほぼJIS(日本語)キーボードなので、JIS(日本語)キーボードを使ってれば困ることがないということです。

もしUSキーボードを使ってたら、JIS(日本語)キーボードを使わないといけない場面では少し戸惑うこともあると思います。JIS(日本語)キーボードを使ってたら、それを回避することができます。

誰かにちょっとパソコンを貸すことがあっても、日本語入力切替をわざわざ教える必要がないのもいいですね。

JIS(日本語)キーボードは日本語入力切替がキー1つ

USキーボードでは、日本語-英数の入力切替に2つのキーが必要でした。

JIS(日本語)キーボードでは日本語-英の入力切替が1つのキーでいいというメリットがあります。

これは慣れの問題もありますが、1つのキーでいいというのは楽ですよね。

JIS(日本語)キーボードはEnterキーが縦長

JIS(日本語)キーボードはEnterキーが縦長というメリットがあります。

JIS(日本語)キーボードを見ればわかるように、Enterキーが他のキーより大きくなってます。その結果、Enterキーは他のキーに比べて打ちやすくなってます。

個人的には、Enterキーの下の方を使ってたようなので、JIS(日本語)キーボードのEnterキーが縦長であるメリットを享受してました。USキーボードにして初めて気づいたことです。

Enterキーは使うことが多いので、大きいのはいいことですね。

JIS(日本語)キーボードのデメリット

JIS(日本語)キーボードはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

JIS(日本語)キーボードは3つ以上の文字・記号が設定されてるキーがある

何が関係してるのかわかりませんが、JIS(日本語)キーボードでは1つのキーに3つ以上の文字・記号が設定されてたりします。最大4つですね。

どうやってその文字・記号を入力すればいいのか困ってしまうことがあります。特に普段使わない記号を使おうとしたときに、デメリットが前面に出てきます。

慣れるほど多く使う記号なら問題にならないし、慣れないくらい使わないならたまにだから影響が少ないとも言えます。これをどう考えるかは人それぞれですね。

JIS(日本語)キーボードはホームポジションが真ん中からズレる

JIS(日本語)キーボードには、ホームポジションに指を置いたときに真ん中からズレるというデメリットがあります。

デスクトップのようにディスプレイとキーボードが別々だと問題になりませんが、ノートパソコンだとこのズレが気になる人もいるかもしれません。

体に位置と手の位置がズレるか、体の位置と手の位置を合わせてディスプレイの正面から体がズレるか、という感じですね。

これに慣れてればあまり気にならないのかもしれませんし、テンキー(電卓みたいな数字キー)がついてたら結局ズレてるので関係ないとも言えます。

JIS(日本語)キーボードの他のデメリット

JIS(日本語)キーボードには僕が実感してないデメリットもあるようです。

  • Spaceキーが短い
  • 記号の配置がぐちゃぐちゃ

まとめ

USキーボードのメリットとデメリットをまとめるとこんな感じです。

USキーボードのメリット・デメリット
USキーボードのメリット
  • キーにひらがながない
  • ホームポジションが真ん中寄り
  • 1つのキーに文字・記号が2つ以内
USキーボードのデメリット
  • 「かな入力」が使えない
  • 一般的じゃない
  • 日本語-英数の入力切替に2つのキーが必要
  • Enterキーの縦が短い

JIS(日本語)キーボードのメリットとデメリットをまとめるとこんな感じです

JIS(日本語)キーボードのメリット・デメリット
JIS(日本語)キーボードのメリット
  • 「かな入力」が使える
  • 日本で多く使われてる
  • 日本語-英数の入力切替がキー1つ
  • Enterキーが縦長
JIS(日本語)キーボードのデメリット
  • 3つ以上の文字・記号が設定されてるキーがある
  • ホームポジションが真ん中からズレる

USキーボードとJIS(日本語)キーボードにはこんなメリットとデメリットがあります。他にもあるかもしれません。

プログラマーにはUSキーボードが向いてるという話もあるようですが、僕はその実感がありません。というのも、USキーボードはサブ的にしか使ってないからです。

そのような前提で結論を言うと、「プログラミング学習で使うキーボードはUSキーボードでもJIS(日本語)キーボードでもいい、好きな方を選ぼう」という感じです。

プログラミング学習に使うキーボードの選び方としては、まず「かな入力」を使いたいかを決めます。

「かな入力」を使いたいのであれば、JIS(日本語)キーボードで決まりです

「かな入力」を使わないのであれば、メリットとデメリットを比較して、自分に合うキーボードを選びましょう。見た目で選ぶのでもOKです。

キーボードの前にパソコンの選び方を知りたい人は「【Mac?】プログラミング学習で最初に買うパソコンは?【Windows?】」をどうぞ。