公認心理師になれたら臨床心理士資格をどうするか問題

世の中にはいろいろな資格があります。資格を持っているだけで安泰ということはありませんが、資格がなければスタートラインにも立てないということもあります。

臨床心理士は心理職として働くために必須とまではいきませんが、かなり有利になる資格です。募集要項に臨床心理士と入っていることも多く、臨床心理士資格を持っていないと応募すらできない求人もあったりします。

そういう状況の中で、公認心理師という国家資格が誕生しました。

公認心理師は国家資格なので、行政系は最優先にする資格になることが予想されます。また、保健医療分野では必須になると思われます。

今は臨床心理士資格を持っていることが有利ですが、公認心理師が誕生したらどうなるかはわかりません。公認心理師の上位資格的な形で残ることも考えられますし、公認心理師で十分ということですたれていく可能性もあります。

臨床心理士は更新制の資格なので、放置していると資格を失うことになります。ポイントを貯めないといけないのですが、ポイント自体は普通に自己研鑽していれば貯まっていく感じですよね。分野に気を付けないといけないというのはありますが。

ということで、公認心理師になれたら臨床心理士資格をどうするか問題が自分の中で早くも勃発しています。

臨床心理士資格の更新について

臨床心理士資格を維持するためには5年ごとに更新していく必要があります。ポイントを気にしながら研修を受けたりするのが面倒だったりします。

一応ポイント関係の書類はまとめて保管してありますが、更新のために整理しなきゃなと思いつつ、放置しています。そろそろ確認しておかないと、分野の偏りで泣くことになるかもしれません。

知り合いの臨床心理士が更新のために夜行バスとネットカフェを使って、心の健康会議に参加したという話を聞いたときには、そうならないように気を付けなければと強く思ったものです。

臨床心理士資格の更新の要件は、5年間で15ポイントを獲得する必要がありますが、ポイント数は簡単に超えることができます。学会の年次大会参加で2ポイントなので、日本心理臨床学会に毎年参加していれば、それだけで10ポイント貯まります。

5年間で学会の年次大会に8回参加すれば必要なポイント数を超えることができます。普通に自己研鑽していれば、そのくらいは行くんじゃないかなと思います。たまたま興味があるところで臨床心理士の更新ポイントを得られないこともあるかもしれませんが。

この記事を読んでいる人なら知っていると思いますが、日本臨床心理士資格認定協会のサイトにある臨床心理士資格更新制度のページから、更新について引用しておきます。

有資格者は、5年以内の下記の1から6の教育研修機会に、1・2のいずれかを含めた3項目以上にわたって参加(発表)し、計15ポイント以上を取得することで資格を更新できる仕組みです。

  1. 本協会が主催する研修会等への参加
  2. 一般社団法人日本臨床心理士会もしくは地区又は都道府県単位の当該臨床心理士会が主催して行う研修会等への参加
  3. 本協会が認める関連学会での諸活動への参加
  4. 本協会が認める臨床心理学に関する研修会への参加
  5. 本協会が認めるスーパーヴァイジー経験
  6. 本協会が認める臨床心理学関係の著書の出版

1か2があることを確認しないといけないのが面倒ですが、確かあったはずなので放置気味です。でも、ちゃんと確認しておかないといけないとは思っています。

公認心理師と臨床心理士

公認心理師と臨床心理士がこれからどうなっていくかは誰にもわかりません。いろいろな予測を目にしていますが、実際にどうなるかは時間の経過でしかはっきりしません。

国家資格である公認心理師があれば十分という意見もあれば、公認心理師と臨床心理士は違うものだから臨床心理士は必要という意見もあります。臨床心理士を上位資格として位置づけるのがいいという意見もあります。

どちらにしても、社会が公認心理師と臨床心理士をどう見るかというのが重要なのだろうと思います。臨床心理士を上位資格的にしたとしても、社会的にそう認識されなければ、臨床心理士資格の有無で差が出ないことになりますからね。

公認心理師は汎用資格なので、その上に汎用資格を置くのは微妙な気がしますが、臨床心理士資格を持っている人たちの方が有能であれば公認心理師+臨床心理士が一般的になるかもしれません。

結局どうするのか

まだ公認心理師が誕生していない現時点では、公認心理師と臨床心理士の関係がどうなっていくかはわかりません。それを見てから判断するという人もそれなりにいるのではないかなと思います。

無条件で臨床心理士資格を維持するという人もいれば、無条件で臨床心理士資格を放棄するという人もいるでしょう。

それぞれが自分の考えや自分の置かれている立場などを考えて、どうするかを決めていくことになると思います。知り合いとかと相談しながら決めていくという人もいますよね。

僕は今のところ臨床心理士資格を更新していくつもりでいます。なので、面倒なポイントの整理をしようと思っています。。。